会社概要

会社の名称
株式会社北海道録画センター(ほっかいどう ろくが せんたー)
創立
昭和49年(1974年)12月
代表取締役
井下 佳和 (いのした よしかず)
資本金
1千万円
本社所在地
〒070-0037 北海道旭川市7条通13丁目60-19メディアビル2階

業務内容

テレビ番組取材
技術協力
通常2~3チェーンのENGクルーが結成できます。(カメラマン・VE・アシスタント)
ハイビジョン取材にも対応しております。
映像制作
ビデオパッケージ(PRビデオ)、テレビ番組、コマーシャルなどの企画制作、各種イベントの記録撮影、結婚式の撮影、ライブラリー映像の貸出し、DVD制作など。
各種編集
ベータカム(デジタル・アナログ)、DVCAMなど、さまざまなフォーマットの編集に対応します。(リニア編集およびノンリニア編集のシステム)
A編集室撮影スタジオ
オーラス研究所
インターネットプロバイダー、ホームページ企画・制作、サーバーレンタル、イントラネット構築など。
オーラス研究所
インターネット放送
旭川インターネット放送局「まるまるネット北海道」。道北を中心としたおでかけ情報やイベント情報などの観光情報を動画で紹介。
その他
イベント会場などの映像中継、各種ダビング(VHS、DVD、β、海外変換、テレシネ)など。

社歴

昭和49年
旭川録画テレビ設立登記
昭和53年
旭川テレビ放送設立
昭和54年
北海道録画センターに社名変更
昭和56年
旭川録画テレビと合併
札幌テレビ放送(STV)の道北エリアのニュース取材開始
当時のニュース取材
昭和63年
稚内支局開設
平成2年
旭川市7条通13丁目の現在地に社屋移転
新スタジオ落成
STVラジオ番組制作開始
3D(立体映像)制作システム導入
3Dカメラ導入
平成6年
A編集室 コンポーネント化(高画質化)
東川町進化台に「オーラス研究所」を設立
オーラス研究所オープン
平成7年
インターネットプロバイダー「オーラスネット」業務開始
旭川映像関連社協会設立
平成9年
本社ホームページ開設
平成10年
「地球環境映像祭in旭川」 開催
「旭川ヘルマン・ヘッセの水彩画展」開催
地球環境映像祭
平成12年
A編集室 コンポーネントデジタル化 (デジタルベータカム)
平成13年
DVCAM撮影・編集システム、 ノンリニア編集システム導入
平成16年
創立30周年記念事業 「涙と笑顔の1500キロ・ありがとうの心があふれた旅」を制作
北海道、東日本全域および首都圏にてTV放送
「ありがとうの心があふれた旅」
平成17年
WEBオンデマンド放送「まるまるNET北海道」をリニューアル
動画による地域情報の配信を開始
平成20年
HDCAMハイビジョンカメラ(HDW-650)
撮影システム導入
ハイビジョンカメラ導入
平成23年
有限会社 ビデオラインと経営統合

受賞歴

平成2年
日本テレビ 報道月刊賞: 「幻日現象」(厳寒の中で太陽が3つに見える現象)
平成6年
(社)日本映画テレビ技術協会 奨励賞: 「町中に熊!大パニック」(STVニュース)
第5回たくぎんフロンティア基金賞: 「フレームメモリー」の開発(ビデオ画像のリアルタイム再生装置)
平成7年
第3回旭川しんきん産業振興奨励賞 振興賞: パソコンソフト「COVIA」の開発
第33回日本産業映画ビデオコンクール 奨励賞: 「鳥がよみがえった水辺」(北海道開発局旭川開発建設部旭川河川事務所)
平成8年
第34回日本産業映画ビデオコンクール 奨励賞: 「大雪清流物語~北海道東川町~」(東川町農業協同組合)
平成13年
北海道映像コンテスト 最優秀賞: 「旭川の工芸」(旭川市広聴広報課)
平成15年
(社)日本広報協会・全国広報コンクール映像部門 三席: 「買物公園誕生」(旭川市広聴広報課)
平成17年
北海道映像コンテスト 最優秀賞
全映協グランプリ2005 優秀賞及び仙台市長賞
「涙と笑顔の1500キロ~ありがとうの心があふれた旅~」(TV番組部門)(制作協力:札幌映像プロダクション)
平成22年
北海道映像コンテスト2010 TV番組部門・奨励賞
マイタウンあさひかわ 平成21年12月27日放送分「ハンデを乗り越え金メダル!車いすのピアニスト」
平成23年
第57回北海道広報コンクール映像部門・特選
マイタウンあさひかわ 平成22年5月23日放送「旭川の全部の駅をめぐる旅」