お知らせ m1
 

北海道映像コンテスト2019 実施要領

北海道映像コンテスト2019

北海道映像コンテスト2019 PDF

募集期間 2019年4月1日(月)〜2019年5月17日(金)
作品の審査・選定 2019年6月上旬
入選発表・表彰 2019年6月下旬(定時総会終了後)
※アマチュア部門及び学生部門のうち、地域振興に係る優秀な作品には、「北海道総合通信局長賞」が授与されます。
※アマチュア部門、学生部門の最優秀作品等は北海道テレコム懇談会ホームページで公開されます。
※各部門(アマチュア部門を除く)の最優秀及び審査員推薦作品は、全国地域映像団体協議会が主催する「全映協グランプリ2019」の北海道代表作品として参加資格を得ます。
応募資格 道内に在住する個人、企業、官公庁、学校、諸団体
応募部門
  • アマチュア部門 テーマ自由
  • 学生部門(高等学校の部/専門学校・短大・大学の部)テーマ自由
  • プロ部門
    • 番組部門(放送の部・短編VPの部)
    • CM・キャンペーン部門
    • 地域振興コンテンツ部門
    • デジタルコンテンツ部門
応募規定 2018年4月1日〜2019年3月31日の間に道内で制作された作品(自作、外注を問いません)
  • 作品形態 デジタルディスク(DVD)、ミニDV
  • 作品時間 30分以内(但し、番組部門の放送の部は60分以内)
  • 応募点数 1部門・1作品
  • 応募作品は返却致しませんので、あらかじめご了承下さい。
※ 番組部門 放送の部は審査の都合上5本提出願います。
応募料 無料
応募要項 応募用紙に必要事項を記入の上、応募作品に添付して下さい。
作品テープには必ず、機関名又は氏名、タイトルを記入したラベルを貼付して下さい。(応募用紙は北映協のホームページからも取得できます)
応募先 一般社団法人北海道映像関連事業社協会 映像コンテスト係
〒060−0005札幌市中央区北5条西21丁目4−12
(株)札幌トランジスター内

注意事項

  1. 登場人物の肖像権、音楽・映像・音声等の著作権などの権利について、あらかじめ 承諾を得てから応募してください。
  2. 審査結果の発表後であっても、主催者が受賞作品に第三者の権利侵害を確認した場合 は、受賞を取り消すことがあります。
  3. 権利侵害又は損害賠償等の問題が生じた場合、主催者は一切の責任を負わないものと します。
  4. 応募作品に係る一切の権利は、作品の制作者に帰属します。ただし、主催(共催)者は、アマチュア部門、学生部門の最優秀作品等をより多くの方に視聴いただくため、北海道テレコム懇談会ホームページで公開しますので、あらかじめご了承下さい。

「北海道映像コンテスト2019」における北海道総合通信局長賞の審査基準について

  1. 表彰部門・・・・アマチュア部門及び学生部門
  2. 選定対象・・・・地域振興に係る優秀な作品
  3. 審査基準は、以下の観点から該当する作品を選定する。
    • 地域住民と一体となって制作されたもの
    • 地域の産業に寄与するもの
    • 地域のコミュニティの活性化に寄与するもの
    • 地域定住に寄与するもの
    • 観光客を呼び込むもの
    • 郷土愛をはぐくむもの
    • 地域文化、ライフスタイルを発信するもの
    • その他、地域の魅力を伝えるもの

主催

一般社団法人北海道映像関連事業社協会

共催

総務省北海道総合通信局、北海道テレコム懇談会

後援

経済産業省北海道経済産業局、北海道、札幌市、NHK札幌放送局、HBC、STV、HTB、UHB、TVH、北海道新聞社、全国地域映像団体協議会

協賛

池上通信機、SFIリーシング、グリーンテック、経専音楽放送芸術専門学校、ソニービジネスソリューション、朋栄、シーエーブィ、ロジックジャム

   
協会概要会員要覧目次決算・予算関係の資料 一般社団法人 北海道映像関連事業社協会